ウインナーに発がん性?完全無添加のおすすめの黒豚ウインナー

ウインナー』。すごく美味しいですよね。特に子供のいる家庭でウインナーをまったく食べない家庭は少ないのではないでしょうか。子供はウインナーが大好きですよね。

ウインナーは米やお酒にも合う為、おつまみとして人気なので大人でも大好きという人は多いのではないでしょうか。私自身も、お店ののメニューにあるとついつい頼んでしまいます。

ですが、そんなウインナーはたくさんの添加物が入っている可能性があることを知っていますか?また、実はウインナーには発がん性のおそれがある?とも言われています。では、ウインナーは本当に危険なのでしょうか。

どうして、ウインナーが危険と言われているのか、どのような添加物が入っているのか、安全に食べるにはどうしたら良いのかについて紹介したいと思います。

ウインナーは添加物が入っているの?

実は世界保健機関の外部組織で国際がん研究機関が「加工肉を毎日継続して1日50g食べていると結腸や大腸がんのリスクが18%高くなる」と報告されているのですよ。

これを聞くと驚いてしまう人も多いと思います。ガンのリスクになるものを小さいころから食べてしまったら大人になったらどうなるか不安になってしまうと思います。そして、何故ガンになるリスクが高まるのかというと、ウインナーなどの加工食品に含まれている添加物の亜硝酸ナトリウムに理由があるといわれています。

亜硝酸ナトリウムは肉に多く含まれている物質と反応して、ニトロソアミン類という強い発がん性のある物質に変化するといわれています。さらに亜硝酸ナトリウムは毒性が強いので添加物として使われる量はきわめて少なく定められています。

ここまで聞くと不安になると思いますが、食べ過ぎに気をつければそこまで神経質になることはないといわれているので安心してください。ただ、毎日大量にウインナーを食べている人は少し量を減らした方がいいかもしれませんね。

そもそも添加物って?

無添加という言葉は知っていますが、そもそも無添加とはどういうことなのか明確にしっていますか?

無添加というと体に悪いものは一切入っていないと思っていると思いますが、実はそういうわけではありません。まず、無添加食品とは食品添加物に分類されるものや、合成添加物が使われていない食品のことです。

そして、食品添加物とは食品の形を作ったり、長持ちできるように、味や色をつける役割りをします。もちろん添加物を使うことで様々なメリットがありますが、不安になりますよね。

食品添加物は酸化防止剤、着色料、保存料、香科、甘味料などです。ただ、どの食品にもいえることですが、完全な無添加食品というものはありえません。じゃあ、加工製品をまったく食べない方がいいのか?といわれたらそんなことはなく、体への悪影響がないとされる量が設定されており、その範囲内で食べるなら不必要に不安になる必要ありません。

お店に売られている食品は体に害のない程度しか入っていないので「加工食品は一切食べない」という極端なことをする必要はないのですよ。

ウインナー使われるどのようなものが添加物なのか

まず最初に紹介したように亜硝酸ナトリウムは添加物ですね。肉の発色をよくしてボツリヌス菌の繁殖を抑えることで食中毒を防ぐことができます。

そして、リン酸塩も添加物になっています。このリン酸塩は加熱するとパサついた食感になるので肉の保水性を高めて食感をよくしています。そして、調味料(アミノ酸)も添加物です。これは、食品の風味を高めて味覚の向上や酸味の苦味の緩和をしています。最後に酸化防腐剤も添加物です。これは聞いたことがある人が多いと思いますが、酸化防腐剤を使うことで空気に触れると酸化することを防いでくれます。

このように見ると添加物を使うのは仕方がないことに思えてしまいますよね。もちろん体によくないものを入れているのは、味・賞味期限・価格などの問題もあり、仕方なく入れているものであります。

誰でも安全なものばかり使いたいのは当たり前ですが、それをあえて添加物を入れるのはそれなりに理由があるからですよね。ですが、やはり体に害があると聞くと食べるのが怖くなってしまう人が多いでしょう。

ウインナーに入っている添加物は体にどんな影響を与えるの?

まず、亜硝酸ナトリウムは毒性が強く発がん性物質を作り出すことがあるといわれています。ガンと聞くと怖くなるので、この物質が怖いなと思う人が多いでしょう。

そして、リン酸塩も骨粗しょう症や発育阻害になる可能性があるといわれています。発育阻害と聞くと子供に食べさせていいのか不安になることでしょう。

そして、調味料(アミノ酸)は緑内障、体のしびれを起こす可能性があるといわれています。

最後に酸化防腐剤はアレルギー疾患の原因になる可能性があるといわれています。

このように添加物の体に与える影響を聞くと不安になってしまうものばかりですが、添加物は良い面もあり、悪い面もあるので両方を知っておくことが必要です。ただ、上記でも述べたように食べ過ぎなければ体の害になることは少ないのでそこまで神経質になってまったく食べないと考える必要はないようです。

どんなウインナーが安全?

市販のウインナーはすごく安いですよね。実際に生肉よりも安いものが多いと思います。では、何故こんなにウインナーが安く出来るのかというと、市販のウインナーは豚以外の肉を混合したり、増量剤としてでんぷんや卵たんぱく、水分などを注入して体積をふやしているものが多いです。

その結果安く売ることができます。もちろん、あくまで体に害がない程度のものが入っているのですが、では100%安全かと聞かれたら安全ではないですよね。

また、安全性や美味しさを考えるなら、使用している豚肉肉にもこだわると良いです。その中でもお勧めなのが、黒豚です。安全にこだわりたいなら黒豚を使ったものが一番です。

普通の豚でも無添加のウインナーを買えば安全性はかなり高いですが、もっと品質の良い肉を使いたいなら黒豚が一番です。黒豚は一般の白豚と比較して出荷日数、子豚の数、ロース芯の大きさなどがかなり劣り、生産にバラつきがあります。ですが、肉質、脂肪の質はまさに絶品でかなり高い品質を保っています。無添加の豚肉でも十分安全ですが、どうせ無添加にこだわるならさらに肉の質にもこだわりたいという人に黒豚はぴったりのため、とてもおすすめしています。

安全なウインナーを選ぶには?

添加物を気にしながら食べるのは嫌という人はどのようにウインナー選びをしたらいいか気になりますよね。安全に食べたいという人はどのように選べばいいのかというと、無添加商品、無塩せき商品を選べば、安全にという意味では問題ないでしょう。

無塩せきとは亜硝酸ナトリウム不使用の商品のことです。

また、JAS特級、特定JAS商品も商品購入時の参考になると思います。最低限の食品添加物だけを使用して作られているので、安心して食べることができます。ですがその反面無添加や添加物が少ないウインナーは日持ちがしないので買ってきたらすぐに食べるようにすることが大切です。無添加だからこそ起こる問題もあるので、しっかりと理解しておきましょう。

まとめ

このように、ウインナーの安全性について紹介しました。

ウインナーを安全に食べるにはどうしたら良いか分かりましたか?豚肉や添加物にこだわることで最低限の添加物にすることが出来ますね。また、さらにこだわりたい人は普通の豚ではなくて、黒豚にすることをおすすめします。

もちろん黒豚でなくても安全性の高いウインナーを選ぶことで危険性を最低限に抑えることが出来るので、食品表示をしっかりと見て買うようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする